ツインソウル・ツインレイ・ツインフレーム」カテゴリーアーカイブ

強い自分になるために

こんにちは、自由スピ旅人のtomomiです。

いつも、私のブログを読んでくださいまして
ありがとうございます。

最近、私は英語の勉強にハマっています。笑

しかし、旅を始めた当初
私は英語が全くといっていいほど、
話せませんでした。

そしてですね、私は2年前にも
英語の勉強をしようと思って
英会話を始めたのですが、
すぐに辞めてしまいました。

私の以前お付き合いをしていた人は、
英語圏の人間でして、彼を通して
ハートの繋がりですとか、
自分自身の人生の選択肢など
色々と可能性が広がりました。
(詳しくは、またいつか書かせていただきますね!笑)

私が以前ツインレイについて
多くの記事を書かせていただいていたのも、
彼と離れてから(お別れをしてから)
彼とエネルギーの繋がりが強くなり
それをシェアしたい思いから
書かせていただいていたんですよね。

その当時の私は、何としてでも
彼と統合したい
また一緒になりたい
だって私達はエネルギーが繋がってる
だから運命でしょ?

そんな思いを持って復縁したい気持ちで一杯でした。

彼が私の人生の全てで
彼を失ったら私の人生の意義は
なくなってしまう。

だからこそ、自分の言いたい事も言えず、
いつも我慢して、傷ついても我慢して
それでも愛するといった
形を取っていたように思います。

今思えば本当に色々と我慢していました。

例えば、私がドイツのベルリンから
日本に帰る本当にお別れの際に
渡した手紙を、ビリビリ破いて
大麻を吸う紙に再利用したことですとか…….

なんでそんなことするの?と聞いても、
俺たちは文化が違うんだ。との一点張り。笑
私は、そうか……文化や考え方も
人それぞれで違うから、それを私は受け入れなきゃいけないんだな。
と傷ついた心に
頑張って言い聞かせ、無理に納得させたりしていました。
他にも本当に数えきれないくらいの事を
我慢していた私でしたが、

きっと、皆様もお相手を通して
本当の自分自身を偽ったり、
自分がどれだけ傷ついても
相手を許し、相手を尊重する
といったことが愛だと思って
頑張ってこられた方が多いのではなあでしょうか?

もちろん、その経験こそが
本当にあなたの人生において
重要な経験だったのです。

ツインレイのヴェールに包まれたお相手の姿を
等身大で見れなくなってしまうのは、
全てが感情に囚われてしまっていたから。

相手はこんなに尽くしてくれた
相手からこんなに愛された
自分はこんなに相手を愛した
自分はこんなに相手に尽くした

だから、

私を捨てないでほしい
私から離れないでほしい
私は絶対に離れたくない

自分の中にある、
寂しさ、虚しさ、欠乏感
執着、恐れ、怒り、
そして自分には価値がないといった自己否定。

これらが、お相手との関係を通して
より濃く自分自身から出てきます。
なぜなら、そういった感情を超えていく
感情に囚われないという学びが
必要だったから。

そして、ここを超えるという学びを
設定してきたのだから、
ここは必ず超えられるのです。

その後は、やはり自分で自分の
人生を創造していき、感情に囚われない
そういった新しい自分にシフトすることができます。

ですから、今が本当に辛いと
感じている方は、自分自身の明るい未来を信じてください。

私も当時は、毎日息ができないくらい
苦しくて、思い出したら涙が
止まらないくらい絶望や悲しみを味わいました。

しかし、こんな私がその期間を乗り越え、大丈夫!と言っているので
この状況を悲観視せず、
ただ、学びの一環でしかないことだと、自分自身の未来を信じて、進まれてください。

さて、冒頭にも書きましたが、
私が英語の勉強を2年前に
やめてしまった理由はここにあります。

当時、彼は私の英語が下手くそな
ことについて大分イライラしていました。笑

それってどういう意味?と聞いても
「はぁーーーー!!!まじで…..」と大きなため息、そして怒りながら、
「なんで英語を、もっと勉強しないの!?」
と言われた事がトラウマでして、
日本に帰ってからも、
彼に怒られないために英語を勉強する
といった方に意識が向いてしまっていたんですね。

英語を勉強しても全く話せない自分が
嫌いで惨めで価値がないように思えて、
だからもう勉強なんてしたくなく、
挫折してしまったんです。

しかし、その後私はカンボジアに渡り、
英語がうまく話せない自分を受け入れてくれる
暖かい英語圏の方達と友達になり、
その時初めてもっと英語を勉強して
もっと英語が話せるようになりたい!
と強く思ったんです^^

そして自主的に勉強するようになってからは、やはり楽しいですし、
タイミングもあったんだなぁ〜と
しみじみと今までのことを思い返しています。笑

私自身今は、その当時の彼が
どう生きてようが、
今となっては、
私の人生を狂わす存在でもなく、
正直いってどうでもいいんです。

再会も全くといっていいほど、
望んでませんし、ただ私が強い
私になるために必要だった
存在という意味では今でも感謝をしています。

ですので、皆様が望むような
再会して2人一緒になる
という部分からは、お手本には
ならないかもしれませんが
(事実、その後違う男性とハートがつながりました)
意識としては、過去ではなく、
常に未来を向いていきたいですし、
人生を創造するといった観点から見ると、
私自身、これから現る新たなパートナーと
深い絆を繋いでいきたいと思っています^^

全ては、自分の中にある
弱さも、情けなさも、
惨めさも、怒りも、悲しみも
全部許して受け入れた、
強い自分になるために、
必要な事が起こっているのです^^