自分をただ見つめる事

こんにちは、自由スピ旅人のtomomiです。

いつも、私のブログを読んで

くださいましてありがとうございます♩

 

自分自身の修行を行なっていく上で、

自分の心や、思考を内観するという

ことに皆様ぶつかるかと思います。

 

 

そこで、大切なのは

出てきた思いや、感情、言葉に

ジャッジをしないということです。

 

自分自身の普段からの言葉や行為を

良くしていくには、思考に注意して

見ていく必要があります。

 

特に、嫌なことやネガティブなことを

考えていた時には、

嫌なことを考えている、ダメだとか

やめなきゃなどと思ってしまいます。

 

 

しかし、それさえも、

流してただ、見ていくのです。

 

それは、愛に関するジャッジも同じです。

 

 

ここのブログを読んでいらっしゃる皆様は

勉強熱心で真面目な方が多いかと思います。

 

 

だからこそ、ネガティブな感情が出てきたときに、

こう思ってしまうのは、愛じゃない!

彼、彼女の事の幸せを願わなくちゃいけない!

執着してはいけない!

と、〜してはいけない。なぜならそれは

愛じゃないから。と、ジャッジしているかと思います。

 

しかし、それもまた、ただ見ていくのです。

 

執着や嫌な感情にとらわれる

不足にばかりに目がいく

不安や恐れにフォーカスしてしまう

それら全てが学びです。

 

 

自分の容姿、内面、全てにおいて

他者より劣っていると感じている人ほど、

学んでいくスピードは速いです。

 

 

欠点が多ければ多いほど、

あなたの素晴らしさに気づけるチャンスを

神は与えてくださっています。

 

 

それら、全てにおいて

学んでいけるということに

感謝をしましょう。

 

 

心を超えていくとは、

心に囚われないということです。