全てのことは、無条件の愛のもと起こっている

こんにちは、自由スピ旅人のtomomiです。

いつも、私のブログを読んでくださいまして
ありがとうございます。

私達が経験していること
全ては無条件の愛のもと、起こっています。

しかし、私達は他者や環境に対して
怒り、悲しみ、恐れや憎しみを感じる
ことは、時としてあるかと思います。

場合によっては、人に裏切られた
傷つけられたと感じる時もありますよね。

この出来事全てが無条件の愛のもと
起こっているとわかっていても、
こういった感情が出てきてしまう背景には、
他者や環境、もしくは自分自身への期待というものが隠れているからです。

期待というものは、
自分自身への見返りといったものでして、
自分が求める見返りが、他者や環境から返ってこなかった場合に、
怒りや不安、悲しみ、恐れなどの
感情が出てくるのです。

その根底には、
自分自身の感情や幸せは、
いつも他者や環境によって
支配されている。
といった自分軸からずれて
しまっている状態が伺えます。

私は、他者や環境に期待しない
というと、なんだか冷たく聞こえるかもしれませんが、期待しない=信じないということでは、全くないのです。

むしろ、期待しないということは、見返りを期待しないのであって、
純粋に相手や環境、自分自身を信じる
ということにつながっていくのではないかと思います。

しかし、期待してしまって
落ち込んでしまったり、
怒りが出てきてしまったりすることもあるかとおもいます。(私はあります。笑)
そんな時は自分軸からずれている時なので
自分自身を見つめなおして、
ま、人間やってるからしょうがないな。
と開き直ってくださいね。

期待をしないことは、
自分自身だけが自分の感情を
コントロールでき
幸せは自分で創造することができる
という意識へと繋がっていくので、
ぜひ、自分自身を内観してみてくださいね。