カンボジア旅〜現実逃避からの道

 

 

こんにちは、自由スピ旅人のtomomiです。

いつも、私のブログを読んでくださってありがとうございます。

 

首都プノンペンで、精神も肉体も磨り減った私はシアヌークビルという街に現実逃避の旅を始めます。

 

 

カンボジア旅~プノンペン地獄で円形脱毛症に…

 

 

シアヌークビルという街に着いた私は

首都プノンペン、シェムリアップとも違う

街のその雰囲気に魅了されました。

 

 

 

 

 

空気がきれいで、自然豊かで

海も綺麗で、キラキラしていました。

 

 

 

 

 

子供達と一緒に海辺で絵を描いていると、

1人のカンボジア人の男性に話しかけられました。

 

 

 

 

 

彼と色々世間話をしていると、

そこにまた彼の友達のカンボジア人男性が現れました。

 

 

 

 

その友達は、近々海辺にバーを

オープンさせるということで

自分のバーに絵を描いてくれないか?

看板を描いてくれないか?

 

 

 

といった形で、そこで

絵の仕事がもらえることになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、もし君が良かったら

自分のバーで働いてくれたら(絵)

住む家も給料もご飯もあげるよ。

だから、来ないかい?と。

 

 

 

 

 

 

私はこの話に即効で食いつきました。

 

 

 

 

人間ピンチの時には、

判断能力は無くなってます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局この話はというと、

 

 

 

結局は住む家は自分で出し、

給料はほとんど貰えず、

ご飯もほとんど自分で出し、

 

 

最終的にバーは潰れました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

しかし、シアヌークビルに

移り住んでからは、私自身の状況は良くなっていき、

暖かい人たちと、自然に癒され

みるみるうちに回復してきたのでした。

 

 

次の記事はこちらです。

カンボジア旅~夢を与えてくれる人達との出会い

カテゴリー: | 投稿日: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です