カンボジア旅~プノンペン地獄で円形脱毛症に…

 

 

こんにちは、自由スピ旅人のtomomiです。

 

 

いつも、私のブログを読んで

くださいましてありがとうございます。

 

 

 

 

シェムリアップから

カンボジアの首都プノンペンに

入った私の地獄の日々はここから始まったのです。

 

 

前回はこの記事はこちらから^^

 

カンボジア旅~はじまりはアンコールワット

 

 

これをプノンペン地獄と呼びます。(わたしの中だけで)

 

 

 

 

 

カンボジアの首都プノンペン。

 

 

 

 

もう、街中がごみごみしていて

排気ガスで外にいるだけで

喉を痛める日々でした。

 

 

 

それだけではなく、

ここは戦争があった地なので

家に帰り、夜、目を閉じると

怪奇現象が多発(笑)

 

 

 

 

腕を引っ張られたり、

枕元に犬のような姿した赤ちゃんが

泣いていたり、こんなに

夜が怖い日はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、当時ルームシェアしていた人とうまく折り合いがつかず、

聞いていた金額と違う料金を

請求され、お金がなくなっていく日々と、アートで生きていけない現実で、私はもう全てを放棄し、

宇宙を憎んでました。(笑)

 

 

 

 

そんなんだから、引き寄せるわけです。(笑)

 

 

 

 

ちなみに、この期間に

500円玉大の円形脱毛症が発症し、

急性胃腸炎にもなりました。

 

 

 

 

 

 

一向に進まない話、お金が減っていく恐怖、動かない日々

全てが必要なことだから、起こっていると受け入れつつも、

不安で眠れない日々を過ごしていました。

 

 

 

 

そこで私はこのままじゃだめだと思い、現実逃避の旅を始めます。

 

 

 

 

苦しながら、シアヌークビルという

海が綺麗なカンボジアの街に

4日間ほど行ってみたのです。

 

 

 

 

 

 

そう!この街が私を支えてくれる

大きなバックアドバイザーとなったのでした!

 

 

カンボジアの歴史について知りたい方はこちらから^^

 

カンボジアという国

 

次記事はこちらです。

カンボジア旅〜現実逃避からの道

 

 

カテゴリー: | 投稿日: | 投稿者:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です