ツインレイ 男性のプライド

 

 

 

こんにちは、自由スピ旅人のtomomiです。

 

 

 

いつも私のブログを読んで

くださってありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

世間一般的に男の扱い方がうまく

男のプライドを傷つけない女は

賢い女と言われますよね。

 

 

 

賢い女になって、男性のプライドを

傷つけないように言葉を選びながら、

操ることは可能です。

 

 

 

これは、言うなれば、

誰もが世間で言われている

賢い女になることが

できるということなのです。

 

 

 

 

 

しかし、プライドを傷つけないように、

彼を腫れ物のように扱い、

いつも彼の顔色を伺い彼の欲しい言葉をあげる。

 

 

 

 

 

 

素直な自分の思いを言葉にしたら

受け入れられないのではないのか?

例え、男性に対して思っていることがあっても、

プライドを傷つけてしまう恐れがあるから言えない

などという不安が出てきてしまいます。

 

 

最初は良いにしても、

これを続けていることで

女性自身、必ずどこかで苦しみが出てきます。

 

 

果たしてこれは真実の自分自身なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

地球上にいるほとんどの男性が

宇宙的な愛にハートが開いていません。

自分の中の弱さやみたくない部分を見せられ指摘される=プライドを傷つけられることを非常に恐れています。

 

 

ですから、この場合の賢い女と

いうのはハートが開いていない男性が

作ったいい女、賢い女の定義なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

そして、男性が超えなければいけないものは、そのプライドです。

 

 

 

 

 

 

今まで自分自身が傷つかないように

培ってきたプライドという大きな壁です。

 

 

 

そのプライドは、自分を強く見せるものではなく

自身自身のことを弱くて、かっこよくないと思っているからこそ、

できてしまった恐れでできた壁なのです。

 

 

 

 

プライドでがちがちに固めた恐れを超え、

愛によってハートを開いたときの男性は無敵です。

 

そして、そういった男性を引き出す役目は賢い女性ではなく、

自分に正直に生きている女性なのです。

 

 

 

 

 

 

お互いが自分に正直に生き、愛によってハートを開いたときに初めて

愛し愛されという関係が成り立つのではないかと思います^^