ツインレイ 男性の気持ち 言葉にできない想い

 

 

こんにちは^^
自由スピ旅人のtomomiです。

 

いつも、私のブログを読んでくださって
ありがとうございます。

 

ツインレイの男性は、
言葉にできない思いを持っています。

 

それは、

本当はあなたと一緒にいたい
裏腹な行動をしているけど、
本当は、あなたを愛している
自分から離れないでほしい

など、様々です。

 

しかし、全てを女性に打ち明けないまま
彼らは姿を消すのです。

 

彼らが、自分自身の思いを素直に形にして
表現できる男性だったのならば、
そもそもこのサイレント期間、

分離期間は存在しなかったはずです。

 

 

そして、女性が苦しみながらも
霊的覚醒への道を進むというプロセスも
存在しなかったはずです。

 

もともと、思いを形にして
表現するということがうまくない彼ら。

 

彼らは、これまでの人生で多くの傷を背負ってきました。
それは、繊細で純粋な男性だったからこそ、
心の傷も多いのです。

 

色んな人が彼の前から去っていったり、
幼い頃についた恐れや怒りは全て
心の中の傷となって
大きく広がっていきました。

 

ツインレイの女性に会うまでは
彼らは表面的な付き合い
世間一般的な幸せしか
選んでこなかったはずです。

 

魂からの愛を選んでこなかったのです。

 

感情に触れてしまうと、
心の傷が開き苦しいから、
だから感情に触れないで
心に蓋をし、仮面をつけ生きよう。

 

これは、奥さんがいるレイの男性も同じです。

 

しかし、ツインの女性と出会い
全てが変わってしまったのです。

今まで鉄仮面のように繕ってきた
自分が心の底から、そして魂から

 

愛が欲しい

自分は真実の愛が欲しい

 

と叫んでいる。

 

彼らは、今までの経験の中から
この溢れ出てくる思いに対して思います。

また自分は傷ついてしまう
もうあの孤独と悲しみの中に戻りたくない

そう感じた男性は、
再び仮面をつけ、自分を繕い、
思いを隠し、思いと裏腹な事を言い
女性の前から去るのです。

 

自分の思いに蓋をして。

 

 

ですから、
この連絡が取れない期間は、

男性からあなたへ与えられた
最大の愛なのです。

表面的には、男性があなたから去り
私は捨てられただけだといったように
感じ取れるかもしれません。

 

しかし、こうなるまでに至った
言葉にできない思いがたくさんあるのです。

 

 

私もこのプロセス真っ最中の時は
そんな都合よく解釈できるはずがない
愛なんてどこにもない
といったように思っていました。

そのくらい、真っ暗闇の中にいて
自分自身を探していたのです。

 

しかし、何度も言いますが女性はこの期間で
霊的覚醒を果たします。

 

 

今までの自分ではいられなくなります。
嫌でも、自分自身に目を向けざるおえなくなり、
嫌でも自分の嫌だと思う部分を見なければいけません。

 

 

それは、ありとあらゆる方法で
あなたの前に現れるでしょう。

 

 

そして、テレパシーといった形で
彼の感情がわかるようになる。

 

どけだけ、距離は離れていても
私達は地球上で今というこの時を
生きています。

 

 

たとえ、そばにいなくとも
心が繋がっているということ
愛で繋がっているということを
感じることができるのです。

 

愛は消えたわけでも、
少なくなったわけでもありません。

 

愛は、最初からずっとそこに存在していたのです。

 

 

ツインレイ 男性の気持ち 言葉にできない想い」への5件のフィードバック

  1. 海士野悦代

    ありがとうございました。素晴らしい言葉と励ましの数々ー。この道を進むにあたって、かなり過酷な時を過ごして来た数年ですが、会えない状況での男性の立場・気持ち、大変腑に落ちました。やはり想像していた通りで、辛く苦しい時を相手の方も過ごしていると、とても理解でき涙が溢れてきました。又それが真実の愛なんて、凄過ぎですよねー。人生が全て転機を迎え、真実の自分と向き合うことを余儀なくされ、霊性に目覚め、そんな見えないものを頼りにー、一番大切にして生きるのは、これまでの人生とはかけ離れた捨て身?の想いーですが、後戻りはできませんよね。素晴らし過ぎる恋・想いでもありますよね。あの世にいる様な、引力より惹かれる想いー。出会う人皆に愛をこめて、今に愛をこめてー頑張ってみます!

    返信
    1. tomomi 投稿作成者

      コメントありがとうございます。出会う人に愛を込めて、今に愛を込めて。素晴らしいですね!私も皆様に愛を込めて記事を書き続けたいと思います♪ありがとうございます。

      返信
      1. 海士野悦代

        tomomiさん ありがとうございます。真実を生きる!壮絶な自分との闘い⁉up,
        downの日々ですが、この道より他はなく、どうすればいいのか分からない事ばかりで、とにかく!愛をこめて過ごす!この時を生きる!うまくいく!と想いながらー連続する今を生きています。

        返信
  2. C33

    tomomiさん、はじめまして。
    ブログの記事、とても参考になり勇気づけられました。
    ありがとうございます💓
    私もサイレント期間真っ只中を過ごしているうちの一人だと思うのですが、
    彼のいる職場を去ったのは私の方でした。
    目の前にいた時は、彼の煮え切らない態度に大概にしろ!と思っていたものですから^^;
    それでも短気な私にしたら啖呵を切ったり論破したりしなかっただけでも
    自分の忍耐力を褒めたいとこです。
    本当は頭突きぐらいしたかったですが、妻子ある身ですんごい昭和な価値観に
    がっちり固まっている彼を見ていると、何かこっちがすみませんみたいな気になって
    私が玉砕を認めるしかなかったのです。

    でもその後、彼と離れてから例によって死線をさまよい、
    結局自分の心の奥底に彼と同じ、家父長制的おえーな価値観がしつこく根を張っていて
    私はそれに抗っていただけで自由にはなっていないと気づかされました。
    今は、自分を大事にするということの意味を少しづつ理解し始めているところです。

    私たちは幸運にも2人とも文章で表現をすることに何らかの才能があるようで、
    会わなくなって以降、彼の文章から彼が何を感じ、考えているのかを少し垣間見ることができ、
    やはり目の前で見ていた彼の印象とは随分違っていることに驚きました。
    でも、出会ってから私が彼はそういう人だと思っていた彼とは一致しているんですよね。
    むしろ、人間として実体として存在している彼が???な感じで。
    あんなに中身と普段の彼が違っていたらおかしくならないのかなと思いますが、
    その結果が彼を何か意味不明な存在にしているのかもしれません。
    (彼から見た自分もああなのかと思うと、怖いですね……)

    実は昨日うちの近くのモールで彼が奥さんと娘さんといるところを偶然見かけてしまいました。
    もう離れて半年以上たつし、これまで会社関係以外で会うこともなかったので
    あまりに実感がわきませんでしたが、
    いつかそこで会うことは知っていてすぐに彼と分かりました。
    でも、文章とかテレパシーの会話から変化を感じていた彼とは実際にはほど遠く、
    以前の頭を雲の中に突っ込んでいるような、生きている実感の乏しい存在でした。
    彼がデスクに貼っていた家族写真そのままで、
    その写真を見た時もすごーく生きてないなあという印象だったんです。
    まだまだ先は長そうです。
    ただ、とっても明るい、私の娘と彼と私でわいわい言っているシーンがずっと見えるので、
    まあそのうちそういうこともあるかも知れないなと、
    人生もう少し頑張ってみようかなと思った次第です。

    返信
    1. tomomi 投稿作成者

      初めまして、コメントありがとうございます^^
      お話聞かせていただきましてありがとうございます。
      なんだか、C33様の彼に強烈なキャラクターを感じました(^-^;(笑)
      "彼の煮え切らない態度に大概にしろ!"
      これを表面に出すか出さないかは置いておき、この意識は持ち続けていただきたいと思います。
      なぜなら、ご自身がどう扱われたいのかを、ご自身が一番よくわかっていますし、
      それが女性の本来の感覚だからです。
      "私はそれに抗っていただけで自由にはなっていないと気づかされました。"
      素晴らしいですね。ここで女性の感覚を思い出していただくことが、彼の男性性を目覚めさせる鍵になっていきます^^
      彼も自分自身の芯にある純粋な思いと、今まで自分が信じてきたもの(今、彼を作っている価値観)の中で葛藤しているのかもしれませんね。
      それが文章、文字というエネルギーに表面化しているのかもしれないです。
      心から望む創造は現実化しますので、ぜひそのイメージを持ち続けてくださいね♪応援しております。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です