自分を嫌ってしまう人の自分の取り戻し方。

 

 

自分自身を嫌ってしまって、会話のほとんどがネガティブになってしまう人っていませんか?

 

人の批判や悪口、そして自分自身を否定し「私はだめだから」「私なんてどうせ、、、」

っていう人。

周りの人がどれだけ励まそうとも、それを受け入れるどころか全面否定。

 

なぜ、このように自分自身を否定してしまっているのか。

それは、過去についてしまった傷が原因となっています。

 

これはインナーチャイルドと呼ぶのですが、

両親や周りとのかかわりの中でついてしまった傷ついてしまった自分なのです。

 

例えば、幼少期の頃からお前は駄目なやつだ!と父親に言われて育てられたり、

母親から十分に愛情をもらえなかったり、

兄弟と自分でかわいがられ方が違ったり、

下の弟や妹が出来て、両親はそちらにつきっきりになり

寂しい幼少期を過ごしたりと、その問題は様々ですが

 

その関わりの中で、

自分はダメなやつなんだ。

自分には価値がないんだと

自分を責め、自分自身を嫌い

やがて心に大きな傷を作ってしまうのです。

 

 

ですから、

自分自身の可能性や自分という人間を頑なに否定する人というのは、

愛を十分にもらえずにいた環境の中でついた傷が大きくなり、

自分に自信を無くし、自分を嫌い続けてきたという過去を持っていることが多いのです。

 

 

しかし、自分を嫌うエネルギーというものは、非常に強いエネルギーで

そばにいる人のエネルギーも奪い、周りを不愉快にさせてしまうことも事実です。

本来、私たちの魂は輝きを放ち、私たちも愛を学ぶためにこの地球に生まれてきました。

ですから、愛を学ぶために、愛ではない感情を学ぶことは

苦しいながらもセットとしてついてきます。

 

自分のことが嫌い、自分自身を認めることが出来ないという人は、

傷ついた自分自身を思い出し、ただその時に辛かった気持ちを思い出し

それを認め、受け入れてあげましょう。

 

そしてここまで頑張って、その思いを持ち続けてきた自分をほめ、

慰めてあげてください。

 

それだけで心は愛で満たされ、自分自身を取り戻していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です