ツインレイ 男性は回避依存症

みなさん、男性の中にある恐れを知っていますか?

 

 

 

 

それは、失う恐れです。

彼らは何よりも失うことを恐れています。

 

 

 

ツインレイのランナーチェイサーの分離期間での男性の心理が

回避依存というものに共通する部分がありましたのでご紹介させていただきます。

 

 

 

 

 

 

幼少期、十分な愛情をもらえず育った人は

いつしかインナーチャイルドとして、

心の中に満たされない子供の部分を隠し持つようになります。

 

 

本当は幼少期に親に依存したかった、

親に守ってもらいたかったのに、それが出来なかった。

孤独と不安な気持ちをかかえたまま、彼らは大人になります。

兄弟などができて最初は愛されていたのに、愛されていないように感じてしまった。

なども回避依存へとつながる要素へとなりえます。

 

 

表面的には明るくて友達も多く、自信家のように見えますが、

 

しかし、その深層の奥は、「人が離れていくのが怖い」

「捨てられる恐怖」の不安で占めているのです。

 

 

ですので、人と深い関係になる前に自分から逃げてしまう。

そして、壊れてしまうのであれば、最初から関係を作らない方がいい。

という風に彼らは考えています。

 

 

 

彼らの内側は恐れと不安に支配され人に近づくことを本当に恐れています。

 

 

 

 

人に依存したいけど、離れていくのが怖いからできない。

そんな彼らは、薬、アルコール、カフェインなど

身近にあるあらゆるものに依存します。

 

これらは、離れていく恐れもなければ、

ほしかったらすぐに手に入るものだからです。

そして、性的快楽なども彼らにとっては依存してしまうものなのです。

 

 

 

確かにこれらのものは、一時的な快楽、安心感を与えてくれます。

そして、それらは脳で快楽物質を生み出し、

まるで自分が愛されているかのように感じてしまいます。

 

 

しかし、これらの一時的な快楽が切れたら、

またすぐにほしくなる。落ち着かなくなる。

イライラする。といった症状が起こります。

 

 

これが薬物依存や、アルコール依存などの実態なのです。

 

 

 

しかしながら、人と深い関係を築くのを避けることは

今では、回避依存症という名前までついていますが、

必ず乗り越えられる学びです。

 

 

 

 

 

 

 

全ての魂は学びを乗り越えるために、自分自身でブロックを作ります。

 

 

 

なぜなら、その学びを乗り越えた時に魂がより輝くことを魂は知っているからです。

 

 

 

宇宙はいつも愛で満ちています。

そして、決して母親の愛情が少なかったのではなく、

 

学びのために男性自身が「愛情をもらえなかった」

「寂しかった」「自分は愛されていないのかもしれない」

という風に愛情をうまく受け取れないブロックを作ったのです。

 

 

 

そして、その難題のように見える学びも、

環境も親も本当は自分自身で選んできたのです。

 

 

「自分は、真実の愛を知りたいから、

だから愛されていないということを学ぶよ。」

 

 

「たとえそれが、悲しくて、苦しくて、不安で、

孤独で、怖いものだとしても自分はそれを学ぶよ。」

 

 

魂は選んだのです。そして、魂は知っています。

たとえ、人間の顕在意識が忘れてしまったとしても。

 

 

 

真実の愛は、一時的なものではなく、条件付きの物でもないのです。

 

 

 

 

 

彼らが、何よりもほしかったもの。

 

 

知りたかったもの。

 

 

 

 

 

 

 

それは、愛だったのです。

 

 

 

そして、彼らが何よりも失いたくないもの、それも愛なのです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、そんな彼を愛で満たしてあげることができるのは、

世界でただ1人の女性なのです。