ツインレイ ランナーの気持ち

 

サイレントで、連絡が取れないこの期間。

 

彼らはチェイサーから逃げている

つもりかもしれません。
このまま自分と一緒にいたら彼女は

いつか自分から去っていくだろう。

 

 

そして、もし彼女から去られてしまったら
自分は立ち直ることができない。

多くのランナーは、回避依存症です。

私も彼と付き合う前に、彼は

人が離れていくのが怖いから

近づきたくないと言っていました。

 

彼らは彼らの過去の中で、
人から去られたり、大好きだった人に
裏切られたり、大好きだった人が
離れてしまうかもしれない恐怖の中で生きてきました。

 

そして、それは幼少期の母親との関わりあいの中で
ついてしまった、傷なども多いと思います。

 

そして、それは今世だけの問題ではなく、
過去生などでも、愛を色濃く欲してしまうさみしい思いを

たくさんしてきたのではないかと思います。

 

しかし、全ては意味があって起こっていることで、
今回地球が5次元に移行するというこの時代に
ツインソウル、ツインレイ、ツインフレームと
出会ったのにも意味があり、
最後は真実の愛の中で生きて、
アセンションするということが最終目的なのではないかと思います。

 

彼らは必死に逃げています。
自分が自分じゃなくなってしまうから。
チェイサーといたら、自分が今まで
築き上げてきた自分というものが
崩れてしまうから。
自分自身の感情をコントロールできないから。

こんなの自分じゃない!
もうこんな自分は見たくない!

と彼らは必死に逃げています。

 

 

彼らはチェイサーから
逃げているつもりかもしれませんが、
真実は自分自身から逃げているのです。

彼らが作り出した
彼ら自身の恐れに支配されています。

しかし、このプロセスは、
絶対に必要なのです。

 

この時期、チェイサーがどれだけ思いやりの

言葉をかけたとしても、

何をどうしたとしても、

 

彼らが自分自身でプライドを捨て
自分を認め、愛に降伏しなければ
同じ学びは繰り返されるのではないかと思います。

 

これは、簡単な学びではありません。
自分を認め、愛に生きるというはとても難しい学びだと思います。

なぜなら、それはエゴを手放すということです。

自分を今まで守っていたものを手放すということです。

 

だからこそ、恐怖が付きまとうのではないかと思います。
多くの傷がある方なら、尚更のことです。

 

しかし、彼らにはこれができるからこそ、
愛に生きる強さを持った、
光輝く強い魂だからこそ、与えられた試練なのです。

チェイサーである方も、
とても辛い思いをたくさんしているかと思います。
最愛の人に、去られ拒絶され
人生の絶望を味わい、
まさに死の淵を彷徨っていたと思います。

 

しかし、チェイサーもまた
それを愛で受け入れることができる
器を持っているからこそ、

優しくて強さを持った魂だからこそ、

これを乗り越えることができるのだと私は思います。