キリストからのメッセージ

こんにちは、自由スピ旅人のtomomiです。

いつも、私のブログを読んで
くださいましてありがとうございます。

以前、私はキリストは神ではなく、
アルクトゥルス人だということを
記事としてお伝えいたしました。

今から、2000年ほど前に
キリストは地球に誕生しました。

しかし、その遺伝子は
アルクトゥルス人だったのです。

彼の半分は、非常に進化した
地球外の存在であったのです。

もちろん、今私のブログを読んでいる
皆様の遺伝子の半分は地球外の存在かもしれません。

キリストが墓場から姿を消したのは、
アルクトゥルスの光形成技術を使い、
身体の構造を5次元に転換しただけでした。

私たちは、今そういったことを聞いても
理解ができないかもしれません。

しかし、例えば500年前の人類に
私達が携帯電話を見せたり、
遺伝子操作の技術を見せたとしたらどうなりますでしょうか?

きっと、500年前の人間は、
私達を神と崇め、自分たちより
進化している文明だと思うでしょう。

しかし、実際、私たちが進化しているのは、
テクノロジーだけであり、
霊的部分では彼らと変わりません。
(もちろん、アルクトゥルス人は
テクノロジーや霊的部分で私たちより
先をいっています)

この宇宙には、善良的な文明も
テクノロジーだけ進化した全く反対の文明も存在します。

そしてですね、
キリストが伝えたかったことは、
私の教えを信じれば救われる

といったことではありません。

彼が伝えたかったことは、
互いに愛し合いなさい。ということだけです。

彼の真実が私たち人間の間違った
解釈によって湾曲されてしまいました。

彼が救われるというとき、

私の教えを信じれば、
無知の闇、魂の牢獄から救われます。
と聖書で言われていることは大きな間違いです。

彼が、本当に伝えたかったこと。

それは、お互いを愛しあいなさい。

人は、自らの生命と知性と自由を
高めることによって救われるということなのです。

ここからは、私の言葉ですが、
あなたが神を信じているからといって
救われるわけではありません。

これから、私たち人類の
科学技術は遺伝子を操作できるところまできています。

恐らく、この先25年ほどで明らかになることがあります。

それは、人類のDNAがアヌンナキによって
遺伝子操作されていたという事実です。

私たち、人類の正体が科学の力によって暴かれる瞬間です。

そこには、大きな二極化が
起こると言われています。

それは、神の意志を信じる者と
そこから解き放たれて自らが
創造主であろうという者であります。

神の意志を望むものは、
自分の人生は、神によって設定されており、
神との正しい関係を築こうとします。

これは、言うなれば神に服従し、
あなた自身の人生を握られているも同然です。
そう、思わせるアヌンナキの策略と言えるでしょう。

そして、もう一つは、
自分が人生を創造できるものと
みなし、自らが創造主、女神であろうとするものです。

あなたが服従するものは何も、ありません。

あなたは、創造主であり、女神であるんです。

あなたは、この遺伝子の鳥かごの中で大空を知ることなく生きるのか、
遺伝子の鳥かごから飛び出し、
大空を自分の翼で飛び回るか、果たしてどちらで生きたいでしょうか?